So-net無料ブログ作成
検索選択

首相、23日に沖縄再訪問 官房長官発表(産経新聞)

 平野博文官房長官は21日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が23日に沖縄県を再訪問することを正式に発表した。仲井真弘多県知事のほか、県内の経済関係者と会談する。4日の前回訪問時に開いた住民との対話集会は行わない。訪問目的は、現時点の政府の考え方を知事らに伝えた上で、5月末の決着に向け理解を得ることとしている。

【関連記事】
首相に「ルーピー」のヤジは丸川珠代氏 与党から「失礼だ」の声も
「早く、明確に聞きたい」 普天間問題で米議員、国民新党の下地氏に
「韓国を支持」後手に回る日本政府
首相「日本が先頭で走る」 韓国哨戒艦沈没で安保理決議
またまたまたTBS…赤松氏「ゴルフ疑惑」“捏造”だった
中国が優等生路線に?

<陸山会事件>小沢氏21日不起訴(毎日新聞)
日米合意先行、理解できぬ=社民党首(時事通信)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に(毎日新聞)
DOMMUNEで菊地成孔×大谷能生のトークショーを生中継

年金制度改革に意欲=舛添氏(時事通信)

 新党改革の舛添要一代表は10日午後、徳島市内で街頭演説し、年金制度について「なぜ60歳を過ぎたら定年退職してしまうのか。一番大きな原因は働いて給料をもらったら、年金がストップされるからだ。こういう制度はやめた方がよい」と述べ、高齢者が一定の収入を得ても年金が減額されない制度の構築に意欲を示した。
 舛添氏は演説後の記者会見で、今後の選挙活動について「新しい候補が決まればお披露目もかねて、国民に直接訴えていきたい。できるだけ早く候補者を擁立したいと思い、鋭意作業をしている」と述べた。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

普段と違う眺め楽しむ 都心の川を船めぐり(産経新聞)
「5月末までに大枠」=普天間移設の基本方針目指す―北沢防衛相(時事通信)
30日に子宮頸がん市民公開講座(医療介護CBニュース)
大阪ガス子会社元部長を背任容疑で逮捕(読売新聞)
未明の路上で夫婦?刺殺、口論の男目撃(読売新聞)

もんじゅ立ち入り検査=試運転控え、保安院−福井(時事通信)

 ナトリウム漏えい事故を起こした1995年12月以来、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の試運転再開を控え、経済産業省原子力安全・保安院は3日、立ち入り検査を開始した。
 事前の立ち入り検査は5日まで3日間の日程で実施。原子炉を起動する日本原子力研究開発機構の準備態勢に問題がなければ、6日に試運転が再開され、早ければ8日に臨界状態に達する見通し。
 3日は運転手順やトラブル発生時の対応など、試運転再開の準備が保安規定に沿って行われているかを書類などで点検。また、先月27日未明に発生したナトリウム漏えい検出器の故障に関し、原子力機構から原因と対策について聴取する。
 その後、4日から5日にかけて、制御系の隔離や1次主冷却系循環ポンプの主モーター起動など、実際に原子炉を起動するための現場作業の確認に立ち会う。 

【関連ニュース
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
〔用語解説〕「もんじゅ」
官民新会社設立で、近く準備組織=原発売り込み図る
原子力作業部会設置で日印合意=第4回エネルギー対話

小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
関越大泉JCTで5台玉突き、約6キロ渋滞(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。